MENU

サステナビリティ

sustainability

サステナビリティマネジメント

サステナビリティ方針

サステナビリティ方針イメージ画像

私たちピックルスグループは、安全・安心でおいしい製品とサービスを提供し、消費者の健康的な生活の実現に貢献することを経営方針に定めています。この経営方針の実現に向けて、お子様からお年寄りまで、様々な人々に「おいしい」と言っていただける高品質な製品づくりを通じ、豊かな食文化を育んでいきたいと考えています。
一方、2015年の国連サミットにおいて、グローバルな社会課題を解決し持続可能な世界を実現するための国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)が採択される等、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。当社グループはSDGsに示された世界全体の様々な課題が引き起こすリスクを正しく認識し、それらの課題を解決するための対策に取り組んでいきます。
特に当社グループ製品の主原料である野菜の生育は、天候により大きな影響を受けます。そのため、異常気象を引き起こす地球温暖化対策への取り組みを、ステークホルダーの皆様と協力して強化していくことは、企業経営上、極めて重要であると考えています。また企業の成長は、経営上かけがえのない存在である従業員の成長があって初めて実現されるものです。そのため、多様性があり個性や能力を十二分に発揮できる働きがいのある職場を提供することも当社グループの重要な役割であると認識しています。

 

以上、当社グループは、上記方針に基づき、持続可能な製品とサービスの提供を行うことが、環境問題や社会問題を解決すると同時に、企業価値の向上に繋がっていくものと考えています。

2021年10月1日 

サステナビリティ推進体制

ピックルスは、環境問題や社会問題を解決し、企業価値向上を図るため、2021年6月に担当取締役を委員長とし、幅広い部門から選出された従業員で組織された「サステナビリティ委員会」を設置しています。そして、委員会の傘下に「環境」、「安全・安心」、「従業員」の3つの分科会を設置し、サステナビリティ経営を推進しています。この体制のもと、SDGsへの取り組みをはじめサステナビリティに関わる重要な方針や目標の策定などを行っています。

体制図

体制図
組織体 組織体 開催頻度
サステナビリティ委員会
  • サステナビリティ方針の策定
  • 取締役会への取り組み状況などの報告
年2回
環境分科会
  • 分科会基本方針の策定
  • 「地球環境に配慮した企業経営」実現のためのKPI指標・目標の設定
  • 目標達成のための施策の検討・実施
年2回
安全・安心分科会
  • 分科会基本方針の策定
  • 「安全でおいしい製品を作るための品質管理」実現のためのKPI指標・目標の設定
  • 目標達成のための施策の検討・実施
年2回
従業員分科会
  • 分科会基本方針の策定
  • 「従業員のモラルアップと安全・健康を第一とした職場づくり」実現のためのKPI指標・目標の設定
  • 目標達成のための施策の検討・実施
年2回

サステナビリティ

PAGETOP