MENU

サステナビリティ

sustainability

ピックルスのサステナビリティ経営

ピックルスが果たす7つの責任

ピックルスは、環境への配慮、食の安全、働きやすい職場作りを経営方針に定め、この経営方針の実現に向けて、 「お客様に対する責任」 「株主・投資家に対する責任」 「社会貢献活動」 「環境保全活動」「地域社会活動」「コンプライアンス」「従業員に対する責任」という7つの責任を果たすことが、環境問題や社会問題を解決すると同時に企業価値の向上に繋がっていくものと考え、サステナビリティ経営に取り組んでいます。

サステナビリティ経営の全体像

経営方針 7つの責任 重要な取り組み 関連するSDGs
地球環境に配慮した企業経営

地球環境に配慮した
企業経営

  • 環境保全活動
  • 株主・投資家に対する責任
  • 社会貢献活動
  • 地域社会活動
  • 地球温暖化対策及び資源の有効活用
  • 社会や地域に対する貢献活動
  • ステークホルダーとの対話強化
6.安全な水とトイレを世界中に
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
安全でおいしい製品を作るための品質管理

安全でおいしい
製品を作るための
品質管理

  • お客様に対する責任
  • コンプライアンス
  • サプライチェーンとの共同での取り組み強化
  • 科学的な根拠に基づいた製造手順
  • お客様の声を反映した製品づくり
  • コンプライアンスの強化
3.すべての人に健康と福祉を
8.働きがいも経済成長も
12.つくる責任 つかう責任
17.パートナーシップで目標を達成しよう
従業員のモラルアップと安全・健康を第一とした職場づくり

従業員のモラルアップと
安全・健康を第一とした
職場づくり

  • 従業員に対する責任
  • 従業員の安全・健康を重視した職場づくり
  • 従業員の多様性や個性を尊重した能力開発を行い、働き甲斐のある職場づくり 
  • 従業員が働くことを誇りに思い、働くメンバーに敬意をもてる職場づくり
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
17.パートナーシップで目標を達成しよう

サステナビリティ

PAGETOP