MENU

サステナビリティ

sustainability

従業員のモラルアップと安全・健康を第一とした職場づくり

ピックルスの考え方

従業員のモラルアップと安全・健康を第一とした職場づくりイメージ画像

会社の成長は、経営上かけがえのない存在である従業員の成長があって初めて実現されるものです。そのため、従業員が自ら成長・発展することを望んでおり、従業員の個性や能力を発揮できる場を積極的に提供することが会社の重要な役割と考えています。

取り組んでみたい仕事に果敢にチャレンジしてもらうことが従業員の成長、ひいては会社の成長につながります。従業員の成長と会社の成長を通じて、野菜の元気を消費者の皆様にお届けしていきたいと考えています。

従業員のモラルアップと安全・健康を第一とした職場づくりイメージ画像

基本方針

従業員のモラルアップと安全・健康を第一とした職場づくり

私たちは、従業員一人ひとりの成長なくして会社の成長なし、という考えのもと、当社グループで働く全ての人が長く安心して働き、個々の力を発揮するために重要テーマに取り組みます。

重要な取り組み

  • 従業員の安全・健康を重視した職場づくり
  • 従業員の多様性や個性を尊重した能力開発を行い働き甲斐のある職場づくり
  • 従業員が働くことを誇りに思い、働くメンバーに敬意をもてる職場づくり

人権方針

私たちピックルスグループは、安全・安心でおいしい製品とサービスを提供し、消費者の健康的な生活の実現に貢献するために、自らの事業活動において影響を受けるすべての人々の人権が尊重されなければならないことを理解しています。

私たちは国際人権章典(世界人権宣言と国際人権規約) 、国際労働機関(ILO)の宣言、国連グローバルコンパクト、国連のビジネスと人権に関する指導原則に沿って、人権を尊重する取り組みを推進します。

このような人権への配慮を基盤とした上で、全ての人財が個々の持つ能力を最大限に活かし多様な価値観を共有することができる、働きやすくやりがいのある会社、組織を目指してダイバーシティーマネジメントを推進していきます。 またサプライチェーン全体における人権や環境に配慮した責任ある調達活動の実現にも取り組んでまいります。

 

以下を人権方針として、「サステナビリティ委員会」が取り組みの企画、管理、運営を総括します。

 

  • 非正規雇用を含むすべての社員の人権を尊重します。またすべてのビジネスパートナーに対し、社会活動方針の支持と遵守を求め、協働して人権尊重の責務を果たします。
  • ダイバーシティを尊重し、人種、民族、国籍、出身地、社会的身分、社会的出身(門地)、性別、婚姻の有無、年齢、言葉、障がいの有無、健康状態、宗教、思想・信条、財産、性的指向・性自認及び職種や雇用形態の違い等に基づく、あらゆる差別やハラスメントを禁止します。
  • いかなる形態の強制労働や児童労働、いかなる形態の現代奴隷を認めません。
  • 労働者の団結権、団体交渉および団体行動を認める労働基本権を尊重します。
  • 人権デュー・デリジェンスの仕組みを構築し、これを継続的に実施します。また人権に対する課題を特定し、その防止および軽減を図ります。
  • 独立した外部機関からの人権に関する専門知識を活用すると共に、関連する外部ステークホルダーとの対話と協議を行います。
  • 人権に関する法令や原則の遵守に向け、すべての役員と社員に人権方針を周知し、適切な教育を行うことにより、事業活動への定着を図ります。
  • 人権方針や実践の過程とその結果は、広く開示します

2021年12月

重点的に取り組むSDGs

サステナビリティ

PAGETOP