PEOPLE&WORKS

責任とやりがいのある仕事、
厳しくも愛のこもった
指導があったから、
急スピードで成長できた。

J.K. 札幌営業部 主任
2014年入社 / 文理学部社会学科卒業

学生時代から健康のために意識して野菜を摂っており、「食と健康」を軸に就職活動をするなかで、ピックルスへと行き着いた。人の魅力も、会社を選んだ理由の一つ。接した社員はみな温かく、一人ひとりが目標を持ちながら、いきいきと働いている様子がとても印象的だった、と話す。

1年目から営業の第一線に立ち、
活躍領域を広げてきた。

ピックルスの営業は、入社1年目から担当を持ち、得意先対応の最前線で働ける。そのやりがいと責任を実感してきました。

営業にとって第一に重要な任務は、得意先の要望を吸い上げること。例えば相手がスーパーならば、本部のバイヤーはもちろんのこと、各店舗をまわって売り場のチーフさんとも話をし、どんな商品が欲しいのか、といった声を引き出す努力が欠かせません。得意先のニーズに的確に応えるには幅広い商品知識も必要で、新人の頃は歯がゆい思いをしたこともありますが、味付けや素材、製造方法、出荷・配送の流れまで、各商品の特徴を頭に叩き込むことにより、説得力のある商談が可能となりました。

そして今は、食品スーパー2社を担当し、和え物・酢の物・サラダなどの惣菜と漬物を提供中。また、ピックルスが持つ商社的な機能を発揮して、他社から仕入れた業務用商品を外食企業に提案するという風に、多数のアイテムを扱えるようになりました。しかし、まだまだ満足はしていません。例えば、野菜を「漬ける・和える」商品にプラスして、今後は「煮る・焼く」といった分野にも参入していきたい。これらの分野で既存メーカーに太刀打ちできるかどうかは未知数ですが、会社を大きくするためにも挑戦する価値はあると思っています。

「自分なりに判断してから、質問に来い」。
上司の指摘で自覚が生まれた。

一方で営業は、得意先から受けたオーダーを社内の開発部隊や工場などへと伝達。業務が円滑に進むよう、意見やスケジュールを調整しなければなりません。仕事ではこの社内調整が意外に多く、初めのうちは判断に困るたび、上司に相談していました。するとある時、「何でも聞きに来るな。自分なりに結論を出してから報告に来い」という喝が…。いつにない強い口調に、ハッとしました。それからは主体的に取り組むことで思考力がつき、調整もうまくいくように。今は各部門との関係性をより良いものにするために、密度の高いコミュニケーションを実践しています。各部門との連帯感が高まれば、得意先の要望を上まわる回答もできるに違いありません。

ピックルスが既存の枠にとらわれず、事業領域を拡大してきた会社だということは、得意先にも広く認知されています。得意先は「ピックルスなら、何か新しいもの、他にはできないものがつくれるんじゃないか」と期待してくれているのです。だから自分も、前例のない商品提供に臆せず挑んでいこうと思います。常にアンテナを高く張り。