PEOPLE&WORKS

ハイレベルな開発テーマに
真正面から挑み続ける。
得意先とその先にいる人々に
満足を届けるために。

K.T. 開発室 開発課
2014年入社 / 農学部農芸化学科卒業

両親が食品加工会社を営んでいる影響もあり、幼い頃から将来は食品メーカーで開発がしたいと考えていた。大学でも食にまつわる微生物学を専攻し、「健康・野菜」をキーワードに就職活動を展開。国産野菜にこだわるというスタンスに惹かれて、ピックルスの門を叩いた。入社1年目から現在の部署に所属している。

専門店にも引けを取らない味わいを、
全国のコンビニへ。

自分が手掛けた食品を、全国の人に食べてもらいたい。入社前からのそんな願いが叶えられ、某大手コンビニエンスストア向けの商品開発を担当することになりました。漬物、惣菜、日配品の具材に用いられる業務用商品など。得意先独自のブランドとして販売されるPB商品や専売品を、得意先の志向に沿った形で迅速につくり上げています。

開発するアイテムは月々に2・3品。市場調査データをにらみながら、数ヵ月先に発売する商品のコンセプトをまとめ上げ、得意先会議でのプレゼンに臨みます。もちろん、コンセプトや試作品に修正を求められれば、素早く手直しをして提出。その傍らで、工場に案内する別商品の製造工程書を作成したり、先々のアイデアを練ったり…。複数の案件を同時並行で進めながら、発売が遅れることのないよう懸命に取り組んできました。

担当している得意先は、味や品質へのこだわりが大変強く、「自分たちのライバルは、他のコンビニエンスストアではなく専門店」と考えています。その要望に応えていくのは正直言って大変ですが、だからこそクオリティの高い品をエンドユーザーにお届けできる。消費者の皆さんの喜ぶ顔が見られた時は、本当に嬉しくて。「もっと頑張ろう」という熱い思いが湧き上がってくるのです。

希少野菜を使ったヒット作。
必死の原料調達が実を結んだ。

得意先からは「新しい素材を使った商品を」という要望もいただきます。全国展開されるコンビニ向けの商品は出荷量が多いため、希少素材の使用にはリスクがあります。けれど、付加価値の高い商品づくりは、私自身も望むところ。最近では京都・滋賀産の聖護院カブを使った千枚漬けの開発に挑戦。原料課とタッグを組んで、調達ルートも必死に確保しました。そして得意先のマーチャンダイザーを産地にお連れしたところ、素材の良さを実感していただけて、即座に商品化が決定! 売れ行きも抜群でした。

これは自分の予想と売れ行きが一致した例ですが、経験が浅い現在は、すべて読み通り、とはいきません。そうした意味でも普段から、一消費者としての目線を大切に。一般の方々が「買いたい」と思う気持ちを見つめていきたいと思います。今は、“野菜を食べる=サラダ”が一般的なイメージになっています。でも実は、漬物のほうが、かさが減る分、一度に多くの野菜を食べられる。そんな魅力がうまく伝わる商品をつくり出していきたいと思います。日本に昔はなかったサラダという食べ物が広く定着したように、今度は私が食卓の風景を変えるような商品を生み出して、漬物市場をV字回復させることが目標です。